建設部材の管理

Locus Mapping / P3 Finder

建設関係の現場は大量の部材で溢れかえっている一方で、アナログな管理が一般的で人手不足も深刻です。金属部材が多いため、金属対応のRFIDタグを利用しないと読み取りできないケースもあります。また、細かな部材にはRFIDタグを貼り付ける手間がかかるため、全ての現場にRFIDが適するとは言えないものの、ある程度サイズのある部材が中心であれば、棚卸やロケーション管理を効率化することができます。

導入企業:横河ブリッジなどインフラ会社

RFID導入無料相談→