在庫・固定資産のロケーション管理

Locus Mapping / P3 Finder

製造現場では紙によるアナログな管理や、ベテランスタッフの経験や勘に頼った管理に依存しているケースが多く、在庫・仕掛品などの棚卸、入出荷、探索に大きな時間を取られています。人手不足が深刻な現場において、技能人材がこのような非生産的な作業に時間を費やすことは問題です。通常のRFIDタグを金属物に直接貼り付けると読み取りできませんが、金属対応タグを使用すれば読み取ることができ、正確な在庫の数と位置をタイムリーに把握できることでサービスレベルが向上します。

また、工具、金型、治具に限らず、製造現場では千~万単位の数の固定資産が管理されています。その棚卸に時間を取られていたり、どこに何があるかわからず必要なものが見つけられないといった非効率な課題を解決します。その他、計測器や指示書のロケーション管理にも活用されています。

導入企業:総合切削工具メーカー、機器メーカーなど

RFID導入無料相談→